ニキビ治療とステロイド剤



ニキビの治療

ニキビ治療とステロイド剤

ステロイド剤

ニキビは炎症の一種というとらえ方から、稀にステロイド剤を用いた治療を行うことがあります。しかし、肌の炎症を早く抑えることができたとしても、免疫を抑制するという効果がステロイド剤には含まれているので、アクネ菌の働きを活発にしてしまう可能性があります。

つまり、炎症自体は治まったとしても、アクネ菌の影響でさらなるニキビが発生するリスクが増大するのです。

最近はステロイドと抗生物質を含んだ難航も販売されています。炎症を鎮めることができる一方、耐性菌が生まれて、その後のニキビが治りにくくなってしまうこともあるので、可能な限りステロイドや抗生物質に頼らない治療を行うのが、後の生活に不便を与えないと考えられているのです。

ニキビを治したいというのであれば、適切な洗顔や、その後の保湿が重要です。それだけ徹底するだけでも、肌の質感はアップします。今までは触り心地も悪かったという状態が、洗顔や保湿だけで大きく印象を変える可能性があるのです。

他にも、栄養を意識して摂取することによって、肌質改善を図ることができるでしょう。薬よりも基本的な部分の改善を行う方が、ニキビの治療としては効果が安定しているのかもしれません。